展示案内

展示会詳細

  • メールで送る
大きい画像で見る

牡丹が描かれた衣裳/黒漆と螺鈿の漆器

開催中 特別展

牡丹が描かれた衣裳/黒漆と螺鈿の漆器

会期:2022-04-29(金) ~ 2022-06-01(水)

 今月は染織資料から、牡丹が描かれた衣裳をご紹介します。牡丹は、中国で古来より「百花の王」とされ、宮廷の庭に植えられ王侯貴族の花として尊ばれてきました。日本には奈良時代に伝わり、初夏の庭を華やかに彩る高貴な花として愛でられ、和歌や俳句にも取り上げられてきました。
 尚家伝来の衣裳にも、紅型や刺繍で牡丹を描いた衣裳が数着あります。そのどれもが、王家の人々がまとうのにふさわしい、衣裳全体に大輪の牡丹を大胆にあしらった華やかなものとなっています。

 調度品は、黒漆と螺鈿の漆器をご紹介します。琉球王国時代、漆器は中国や日本へ琉球の威信を示す献上品であり、王国の経済基盤をさ支える重要な工芸品でした。王府は貝摺奉行所を設置して生産管理を行い、その高度な品質を維持しました。
 琉球での漆器製作は15世紀頃から始まり、螺鈿、箔絵、沈金、堆錦など様々な技法が発達しました。中でも螺鈿は、材料となるヤコウガイが琉球の近海で手に入る事もあり、17世紀頃から盛んに利用されるようになりました。
 大きな貝片をふんだんに使った豪華な螺鈿漆器は、中国皇帝にも献上され、北京故宮博物館には現在でも螺鈿の琉球漆器が多数保管されています。

 また、文書資料は即位儀礼の資料をご紹介します。

 王国時代の貴重な記録と、精緻な美術工芸品をどうぞご覧ください。
 
 ※なお、現在展示している玉冠は複製(レプリカ)です。

主な展示品

40-1.jpg

白地牡丹尾長鳥流水菖蒲文様紅型木綿衣裳 (しろじぼたんおながどりりゅうすいしょうぶもんようびんがたもめんいしょう)

詳しく見る
35-1.jpg

黄色地牡丹尾長鳥霞文様紅型縮緬袷衣裳 (きいろじぼたんおながどりかすみもんようびんがたちりめんあわせいしょう)

詳しく見る
50-1.jpg

白地竹蝙蝠牡丹文様型染刺繍縮緬衣裳 (しろじたけこうもりぼたんもんようかたぞめししゅうちりめんいしょう)

詳しく見る
162-1.jpg

黒漆雲龍螺鈿盆 (くろうるし うんりゅう らでん ぼん)

詳しく見る
163-1.jpg

黒漆菊牡丹螺鈿沈金中央卓 (くろうるし きく ぼたん らでん ちんきん ちゅうおうじょく)

詳しく見る
01-1.jpg

玉冠(付簪) (ぎょくかん(つきかんざし))

詳しく見る
82-1.jpg

三彩三耳壺 (さんさいさんじこ)

詳しく見る