展示案内

展示会一覧

全139件 | 1/14ページ目を表示
展示会で絞り込む   年で絞り込む
開催予定 企画展 会期:2018-03-16 (金) 〜 2018-05-14 (月)

清明展

現在では沖縄本島内で広く行われている清明祭(シーミー)について、その伝来と歴史について紹介します。


開催予定 特別展 会期:2018-03-02 (金) 〜 2018-03-28 (水)

桃色地の衣裳

今月は、尚家資料から桃色地の衣裳を紹介いたします。


開催予定 特別展 会期:2018-03-02 (金) 〜 2017-03-28 (火)

三線と工工四

3月4日の「さんしんの日」にちなんで、当館所蔵の三線をご紹介いたします。


開催予定 特別展 会期:2018-02-02 (金) 〜 2018-02-28 (水)

松竹梅の紅型衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/王国の漆工芸技術~沈金・堆錦の漆器~

今月は、尚家資料と福地家資料から松竹梅の紅型資料を紹介します。

また、調度品は伊江家と首里那覇鳥瞰図屏風、漆器は大里資料の「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」を紹介いたします。

「首里那覇鳥瞰図屏風」は、首里から那覇の風景を描いています。このような上空から見下ろす形で描いた絵を、空を飛ぶ鳥の目線から描いた図という意味で「鳥瞰図(ちょうかんず)」と呼びます。
 よく見ると、右上の首里城本殿には鶴が描かれた簾(すだれ)がかけられています。これは王国時代の首里城の正月飾りで、正月の様子を描いた風景という事が分かります。
 「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」は、片面が芭蕉、片面が万年青の文様で、芭蕉の面の上空に鳥が飛び雲が流れ、画面に奥行きを与えています。

王国時代の精緻な紅型衣裳、絵画、漆工芸をお楽しみください。


開催予定 企画展 会期:2018-01-06 (土) 〜 2018-03-12 (月)

御絵図~琉球の織物デザイン~

「御絵図」とは、絣織物の図案を原寸大で描いたデザイン画のことで、王国時代の織物デザインを伝える貴重な資料です。尚家から寄贈された「御絵図帳」7冊とともに、琉球の織物デザインについて紹介します。


開催予定 特別展 会期:2018-01-06 (土) 〜 2018-01-31 (水)

御絵図柄の絣衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/王国の漆工芸技術~沈金・堆錦の漆器~

今月は尚家資料と、福地家資料から御絵図柄の資料を紹介いたします。

また、調度品は伊江家と首里那覇鳥瞰図屏風、漆器は大里資料の「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」を紹介いたします。

「首里那覇鳥瞰図屏風」は、首里から那覇の風景を描いています。このような上空から見下ろす形で描いた絵を、空を飛ぶ鳥の目線から描いた図という意味で「鳥瞰図(ちょうかんず)」と呼びます。
 よく見ると、右上の首里城本殿には鶴が描かれた簾(すだれ)がかけられています。これは王国時代の首里城の正月飾りで、正月の様子を描いた風景という事が分かります。
 「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」は、片面が芭蕉、片面が万年青の文様で、芭蕉の面の上空に鳥が飛び雲が流れ、画面に奥行きを与えています。

王国時代の精緻な紅型衣裳、絵画、漆工芸をお楽しみください。


開催予定 企画展 会期:2017-11-03 (金) 〜 2017-12-26 (火)

大真和志展~那覇・真和志合併60周年記念~

2017年は、1957年12月17日に真和志市と那覇市が合併してから60年目の節目にあたります。節目の年を記念して、真和志地域の成り立ち・変遷、歴史・文化等について紹介します。


開催予定 特別展 会期:2017-11-03 (金) 〜 2017-11-29 (水)

紋織の衣裳/王国の漆工芸技術~黒漆と螺鈿の漆器~

今月は尚家資料から、紋織の衣裳を紹介します。

また、調度品は、尚家資料と伊江家資料から、黒漆と螺鈿の漆器を紹介いたします。

王国の精緻な漆工芸をお楽しみください。