展示案内

展示会一覧

全197件 | 1/20ページ目を表示
展示会で絞り込む   年で絞り込む
開催予定 常設展 会期:2021-01-08 (金) 〜 2021-03-08 (月)

【2020年度常設展】王朝文化と都市(まち)の歴史

「王朝文化と都市の歴史」をテーマに那覇市にゆかりのある方々より寄贈された染織品や漆器、書画などの美術工芸品や家譜などの史料を通して、近世・近代の首里・那覇の歴史と文化を紹介します。


開催予定 企画展 会期:2020-10-30 (金) 〜 2020-12-27 (日)

那覇の世界遺産 ~戦後文化財整備のあゆみ~

沖縄戦により甚大な被害を受けた玉陵・園比屋武御嶽石門・首里城跡・識名園などの文化財がどのような道のりを経て現在のような姿になったかをご紹介いたします。
本展を通して文化財修復のあゆみをご理解いただき、那覇市の世界遺産が戦後の人々のたゆまぬ努力で残されてきたことを感じていただければ幸いです。


開催中 特別展 会期:2020-10-02 (金) 〜 2020-10-26 (月)

王家の男性衣裳/黒漆と螺鈿の漆器

 特別展示室では、毎月「国宝 琉球国王尚家関係資料」の美術工芸資料および文書資料とともに、王国時代の美術工芸品をご紹介しています。

 10月は尚家資料の染織品から、『王家の男性衣裳』をご紹介します。王家の人々がプライベートの場でどのような衣装を身に着けていたのかを示す資料は思いのほか少なく、不明な部分が多いのですが、今回紹介している資料は、王家の男性が日常着用していた衣裳とされています。一見地味に見えますが、実は王家ならではの上質な素材や高い技術が使用されています。
 また調度品は『黒漆と螺鈿の漆器』と題し、尚家資料と伊江家資料から螺鈿の琉球漆器を9月に引き続きご紹介します。琉球の近海で採れたヤコウガイをふんだんに利用した螺鈿漆器は、見るものを圧倒するきらめきを放っています。

 文書資料も、先月に引き続き、尚家関係資料から進貢船・接貢船に関する文書7点をご紹介しています。
王国時代の精緻な工芸技術と、貴重な記録類をぜひご覧ください。


 ※当初予定していた内容を一部変更しております。
 ※今後状況により日程等に変更が生じる場合があります。


開催中 常設展 会期:2020-09-08 (火) 〜 2020-10-26 (月)

【2020年度常設展】トピック展示:戦後の那覇 1950~60年代の写真展

 今回は、常設展の一部を使用したトピック展示として「戦後の那覇」を取り上げます。
 那覇の戦後復興は1945年11月10日に市民の生活用品製作のために壺屋に先遣隊が入市したことに始まります。1952年には国際通りの拡張工事が行われるなど、一帯が整備されると壺屋周辺は都市化し、商業の中心地となりました。
 今回の常設展では、徐々に建物や道路が作られていく様子や、国際通りを中心とした壺屋・牧志周辺の賑わい、交通機関の変化、唯一の娯楽であった映画など、様々な戦後の那覇を資料や写真で紹介します。
 学校・教育についても、校舎建設に関する資料や、ガリ版教科書、学校日誌などを展示し、戦後の学校教育の復活について紹介します。
  この機会に戦後の何もない時代から復興していった、たくましい那覇の人々の暮らしをぜひご覧ください。