展示案内

開催中の展示会

  • メールで送る
大きい画像で見る

古文書に見る首里・那覇の士族社会

開催中 企画展

古文書に見る首里・那覇の士族社会

会期:2020-01-08(水) ~ 2020-03-09(月)

首里氏族である伊江家は、代々伊江島の総地頭として伊江按司を称し、伊江御殿とよばれていました。今回の企画展では沖縄県指定文化財である「伊江家資料」を中心に、歴史博物館が所蔵する「池原家」「比嘉家」「福地家」などの古文書資料を合わせ、琉球王国時代の首里・那覇の士族社会を紹介します。

ギャラリー文化講座①> 「首里士族の勤め」

講師:輝 広志 氏
   ((一財)沖縄美ら島財団首里城公園管理部 学芸員)
日時:2020年1月26日(日曜日) 14:00~16:00
場所:那覇市歴史博物館 企画展示室内
定員:60名(当日先着)

 ※観覧料(一般350円)が必要です
ギャラリー文化講座②> 「古文書に見る士族の生き方と生活」

講師:麻生 伸一 氏(沖縄県立芸術大学准教授)
日時:2020年2月2日(日曜日) 14:00~16:00
場所:那覇市歴史博物館 企画展示室内
定員:60名(当日先着)

 ※観覧料(一般350円)が必要です
企画展関連イベント> 「伊江御殿家関係資料」重要文化財指定記念シンポジウム
「伊江御殿家関係資料に見る琉球王国」

「伊江御殿家関係資料」のどのような点が評価されたかを紹介するとともに、この資料から見える琉球王国を検証します。

日時:2020年2月8日(土曜日) 14:00~17:00
場所:沖縄県立博物館・美術館/3階講堂
主催:那覇市歴史博物館

主な展示品

049.jpg

辞令書(乾隆四十九年)

  • メールで送る
大きい画像で見る

朧型の紅型衣裳/上級士族の調度品~伊江家・神山家の漆器~

開催中 特別展

朧型の紅型衣裳/上級士族の調度品~伊江家・神山家の漆器~

会期:2020-01-31(金) ~ 2020-02-26(水)

今月は、尚家資料から朧型の紅型衣裳をご紹介します。複雑で奥行きのある文様を、ぜひ間近でご覧ください。
調度品は、企画展「古文書に見る首里・那覇の士族社会」の関連展示として、「上級士族の調度品~伊江家・神山家の漆器~」をご紹介します。

主な展示品

09-1.jpg

桃色地波貝藻流水文様紅型木綿袷衣裳 (ももいろじなみかいもりゅうすいもんようびんがたもめんあわせいしょう)

10-1.jpg

桃色地山水楼閣鶴文様紅型木綿袷衣裳 (ももいろじさんすいろうかくつるもんようびんがたもめんあわせいしょう)

12-1.jpg

空色地梅紅葉松鳥菱繋文様紅型木綿袷衣裳 (そらいろじうめもみじまつとりひしつなぎもんようびんがたもめんあわせいしょう)