展示案内

開催中の展示会

  • メールで送る
大きい画像で見る

タイムスリップEXPO’75 ~「望ましい未来」から海洋博を振り返る~

開催中 企画展

タイムスリップEXPO’75 ~「望ましい未来」から海洋博を振り返る~

会期:2022-07-01(金) ~ 2022-08-29(月)

 沖縄国際海洋博覧会(略称:海洋博)は1975年7月20日から1976年1月18日の約6か月間にわたり、本部半島を会場に開催されました。メインテーマは「海-その望ましい未来」。海洋に特化した特別博覧会であり、1972年の日本復帰記念事業として行われたのが大きな特徴です。

 日本から切り離された事で経済的に立ち遅れ、復帰を境に「本土並み」との声が高まっていた時代、沖縄にとって海洋博は一大チャンスだったのです。

 ところが大規模工事の多くは県外企業が請け負い、土地の買い占めなどで物価も上昇、急激な開発による自然破壊などで反対運動も起きました。入場者数も目標の450万人を大きく下回る350万人にとどまり、観光客をあてこんで作られた宿泊施設、土産品店、建設業など企業の倒産も相次ぎ、海洋博不況と言われました。

 しかし、現代から海洋博を振り返ってみると、必ずしもマイナスだったようには思えません。青い空青い海といった沖縄のイメージを確立し、現代に続く観光立県としての基礎ができあがったのは海洋博がきっかけといっていいでしょう。また、沖縄館で展示された沖縄独特の歴史や文化は、首里城再建を契機に沖縄文化が注目され90年代に起きた沖縄ブームに繋がっていく、その先駆けだったともいえます。

 復帰から50年が経ち海洋博を知らない世代も増えてきました。そこで今回の企画展では、現代からタイムスリップして海洋博の魅力を紹介し、海洋博が望ましい未来へ残したものとは何だったのかを振り返ります。

  • メールで送る
大きい画像で見る

空色地の紅型衣裳/尚家の姫の嫁入り道具~神山家旧蔵資料~

開催中 特別展

空色地の紅型衣裳/尚家の姫の嫁入り道具~神山家旧蔵資料~

会期:2022-07-01(金) ~ 2022-07-27(水)

 7月の美術工芸資料は、染織資料から『空色地の紅型衣裳』をご紹介します。

 王国時代の紅型衣裳は、白地、黄色地、紅色地など様々な地色がありますが、涼やかな空色地(水色地)の衣裳も数多く残されています。
 青色の原料となる藍は、染める回数によってごく薄い水色から濃紺まで、様々な青色を染めることが出来ます。
 藍染には、本土では蓼藍(たであい)が多く使われますが、琉球では琉球藍、蓼藍、インド藍など複数の藍が使われました。中でも亜熱帯気候の中で栽培しやすい琉球藍が最も多く利用されました。琉球ではこの藍で、浅地(水色地)や紺地の衣裳が作られました。

 調度品は、『尚家の嫁入り道具~神山家旧蔵資料~』と題して、尚泰の子女、八重子が神山家に嫁入り道具として持参したと伝わる漆器や染織品を紹介します。
 展示している朱漆の文箱と櫛箱は、八重子が神山家に持参したもので、那覇市に1981年に神山氏の子息・政敏氏より寄贈されました。表面に沈金で尚家の家紋である左巴紋(ヒジャイグムン)が配されています。
 龍文緞子裂(りゅうもんどんすぎれ)は、神山氏の孫にあたる川島氏より2021年に当館に寄贈されました。琉球国王が重要な儀式の際に着用する「王衣裳(おういしょう)」と酷似した龍文様の絹地で、琉球では王家のみが使用できる特別な意味を持つ布地であることから、八重子の嫁入り道具の一部と考えられます。色とりどりの鮮やかな文様が琉球王奥の栄華をしのばせます。

 文書資料は、尚家資料から、進貢船と接貢船についての資料を紹介します。
 琉球王国から中国への進貢(みつぎものを献上すること)は、1372年に中山王察度が入貢して以来500余年にわたって継続されました。進貢品を積んだ船を進貢船と呼び、進貢使節を琉球に連れて帰るため、中国に派遣した船を接貢船と呼びました。


 王国時代の貴重な記録と、精緻な美術工芸品をどうぞご覧ください。

 ※なお、現在展示している玉冠は複製(レプリカ)です。

主な展示品

39-1.jpg

空色地菊松海辺霞文様紅型苧麻衣裳 (そらいろじきくまつうみべかすみもんようびんがたちょまいしょう)

22-1.jpg

空色地葦雁文様紅型木綿衣裳 (そらいろじあしかりもんようびんがたもめんいしょう)