展示案内

開催中の展示会

  • メールで送る
大きい画像で見る

那覇市・真和志市合併60周年記念展「大真和志~戦後の発展と合併で消えた町~」

開催中 企画展

那覇市・真和志市合併60周年記念展「大真和志~戦後の発展と合併で消えた町~」

会期:2017-11-03(金) ~ 2017-12-26(火)

2017年は、1957年12月17日に真和志市と那覇市が合併してから60年目の節目にあたります。節目の年を記念して、真和志地域の成り立ち・変遷、歴史・文化等について紹介します。

現在の那覇市域は、かつては、那覇市、首里市、小禄村、真和志市の3市1村の行政地域に分かれていました。
これらの地域が、1954年9月に首里市・小禄村が那覇市に編入合併をして、「新那覇市」となりました。
この時、真和志市は那覇市との合併を見送ったので、「真和志は後回し(まわし)」といわれたものでした。
今回の企画展では、当時、沖縄県第二の都市であり、現在では数多くの那覇市民が暮らしているかつての真和志地域の歴史を紹介します。

主な展示品

02006746.jpg

那覇(真和志市)/真和志市と那覇市の合併 提灯行列のため学校に集合した真和志中生

 ※Apple社製品をご利用の方は、以下のリンクをご利用ください。

那覇(真和志市)/真和志市と那覇市の合併 提灯行列のため学校に集合した真和志中生

12-04-真和志市合併前地図

1957年当時の那覇市と真和志市の地図
黄緑色は首里市・小六誌と合併した那覇市、ピンク色は真和志市。

  • メールで送る
大きい画像で見る

紋織の衣裳/王国の漆工芸技術~黒漆と螺鈿の漆器~

開催中 特別展

紋織の衣裳/王国の漆工芸技術~黒漆と螺鈿の漆器~

会期:2017-11-03(金) ~ 2017-11-29(水)

今月は尚家資料から、紋織の衣裳を紹介します。
沖縄では、花織(はなおり)、ロートン織、絽織(ろおり)、紗織(しゃおり)など、様々な紋織物(もんおりもの)が織られています。これらの織物がいつ頃から沖縄で作られるようになったのか定かではありませんが、周辺の中国や台湾・インドネシア・フィリピンなどの東南アジアの国々に同じような織物技術があることから、琉球王国がこれらの国々と交易する中で海を渡って技術が伝わり、沖縄に定着したと考えられています。
尚家資料には織物の衣裳が15点あり、その内6点が紋織の衣裳です。いずれも厳選された素材を使用し、高度な技術を駆使した紋織の衣裳となっています。

また、調度品は、尚家資料と伊江家資料から、黒漆と螺鈿の漆器を紹介いたします。
琉球王国時代、漆器は中国や日本へ琉球の威信を示す献上品(けんじょうひん)であり、王国の経済基盤を支える重要な工芸品でした。王府は貝摺奉行所(かいずりぶぎょうしょ)を設置して生産管理を行い、その高度な品質を維持しました。
漆器は、当初中国の影響を強く受けて螺鈿(らでん)・箔絵(はくえ)・沈金(ちんきん)技法が発達し、朱漆に精緻な模様を隙間なく埋め尽くした器物が作られました。薩摩侵攻以後は日本の武家社会の「唐風好み」にあわせた中国的な意匠の黒漆螺鈿が盛んに作られました。また、高温多湿の気候を生かして独自の堆錦(ついきん)技法が発達しました。
王国の精緻な漆工芸をお楽しみください。

主な展示品

58-1.jpg

緋色地枡形菱繋文様花織芭蕉衣裳 (ひいろじますがたひしつなぎもんようはなおりばしょういしょう)

51-1.jpg

紫地段鋸歯繋文様花織平絹袷衣裳 (むらさきじだんきょしつなぎもんようはなおりひらぎぬあわせいしょう)

52-1.jpg

白地黒緑石畳文様花織平絹衣裳 (しろじくろみどりいしだたみもんようはなおりひらぎぬいしょう)

78-1.jpg

黒漆貝尽螺鈿漆絵料紙箱 (くろうるしかいづくしらでんうるしえりょうしばこ)

79-1.jpg

黒漆貝尽螺鈿漆絵硯箱 (くろうるしかいづくしらでんうるしえすずりばこ)

162-1.jpg

黒漆雲龍螺鈿盆 (くろうるし うんりゅう らでん ぼん)

81-1.jpg

色絵紅葉文風炉 (いろえもみじもんふろ)

  • メールで送る
開催中 特別展

神猫図

会期:2017-11-03(金) ~ 2017-11-29(水)

今月は、那覇市歴史博物館所蔵横内家資料の中から「神猫図」をご紹介します。

「神猫図」山口宗季(呉師虔)筆/那覇市歴史博物館所蔵(横内家資料)
山口宗季(唐名:呉師虔 1672~1743)は、琉球絵画の第一人者で、王府内で美術工芸品の図案や製作を担当した貝摺奉行所を中心に活躍した絵師として知られています。中国に留学して福州(現在の福建省)で孫億(1638~没年不明)らに学び、淡い彩色を生かした花鳥画を得意としました。
本図は、夜の闇に浮かび上がる神猫が、毛先の一本一本までもが繊細な筆致で描かれ、その神性を存分に表現しています。