展示案内

開催中の展示会

  • メールで送る
大きい画像で見る

【常設展】王朝文化と都市(まち)の歴史

開催中 企画展

【常設展】王朝文化と都市(まち)の歴史

会期:2019-03-22(金) ~ 2019-04-22(月)

「王朝文化と都市の歴史」をテーマに那覇市にゆかりのある方々より寄贈された染織品や漆器、書画などの美術工芸品や家譜などの史料を通して、近世・近代の首里・那覇の歴史と文化を紹介します。
また、3月8日からは旭橋再開発工事の際に発掘調査で発見された鉄道関係の遺物や軽便鉄道のパネルを展示し、那覇の鉄道について紹介しています。

  • メールで送る
大きい画像で見る
開催中 特別展

鳥が描かれた紅型衣裳/三線

会期:2019-03-29(金) ~ 2019-04-22(月)

今月は、尚家資料から鳥が描かれた紅型衣裳を紹介します。
鳥は紅型の意匠としては、鳳凰、尾長鳥、鶴、水鳥、燕などがあり、今回展示している衣裳には、鶴と尾長鳥が描かれています。
いずれも、縁起の良い吉祥文としてよく知られている鳥です。特に、鶴は古来から亀とともに長寿の象徴とされ、吉祥文様として描かれます。
尚家文書は国王や王子の衣裳についても記載されている「冠服簪図」をご紹介しています。
調度品は、引き続き三線をご紹介いたします。

主な展示品

14-1.jpg

空色地雲鶴松竹梅霞文様紅型紬衣裳 (そらいろじうんかくしょうちくばいかすみもんようびんがたつむぎいしょう)

25-1.jpg

白地松竹梅鶴鳥霞雪輪文様紅型木綿衣裳 (しろじしょうちくばいつるとりかすみゆきわもんようびんがたもめんいしょう)

35-1.jpg

黄色地牡丹尾長鳥霞文様紅型縮緬袷衣裳 (きいろじぼたんおながどりかすみもんようびんがたちりめんあわせいしょう)