展示案内

開催中の展示会

  • メールで送る
開催中 特別展

朧型の紅型衣裳/三線と工工四

会期:2023-03-03(金) ~ 2023-03-29(水)

特別展示室では、毎月「国宝 琉球国王尚家関係資料」の美術工芸資料および文書資料をとおして、琉球国王尚家の歴史と王国時代の遺物をご紹介しています。

今月は、尚家資料から「朧型(おぼろがた)の紅型衣裳」をご紹介します。

今回ご紹介している紅型衣裳は、すべて表地に「朧型(ウブルガタ)」という技法が使われています。
紅型は、布地の上に型紙を置き、その上からさらに糊(のり)を置いて、色を差して染めます。
通常は1枚の型紙を使用して染めますが、朧型(おぼろがた)では型紙を2枚使います。1枚は通常の文様を染める型紙ですが、もう1枚の型紙を加えて地紋(じもん)のように細かい柄を染めることで、複雑で奥行きのある文様を表現しています。

朧型は、糊置や色差しの手間が通常の倍以上かかり、技術的にも大変難しい染め方です。

朧型の紅型衣裳は、王国時代の紅型職人たちが、王家の人々のために、技術の粋を尽くして作りあげたものなのです。



調度品は、3月4日の三線(さん(3)し(4)ん)の日にちなんで、当館所蔵の三線(さんしん)や工工四(くんくんしー)をご紹介します。

三線は14~15世紀頃に中国から伝わったといわれています。琉球では、海外からの賓客をもてなす場で演じられる歌舞音曲を担当するのは士族男子であったため、士族の教養として三線の習得が奨励されました。近代以降庶民の間にも広く根付き、人々の生活に切っても切り離せないものとなっています。

三線はその後日本へ伝わり三味線となりました。胴の部分には元々紙や皮が貼られていましたが、琉球ではニシキヘビの皮が貼られています。

今回は当館所蔵の5丁の三線と胡弓をご紹介します。


文書資料もさんしんの日にちなみ、尚家に伝わる工工四や平親雲上朝彬の文書などをご紹介します。

川平親雲上朝彬(ちょうひん)は、最後の琉球国王尚泰に仕え、琉球音楽の大家である野村親雲上安趙(あんちょう)に歌・三線を師事しました。

朝彬は尚泰の命により工工四を献上しますが、作成するにあたって離島の民俗音楽も収集したといわれています。

今回展示する川平家資料は、「「歌道要法(かどうようほう)」、「琉歌言葉之仮名綴見合(りゅうかことばのかなつづりみあわせ」、「三線四種之調子音調之次第 外」で、これらはその時の収集資料と思われます。



王国時代の貴重な記録と、精緻な美術工芸品をぜひご覧ください。

主な展示品

09-1.jpg

桃色地波貝藻流水文様紅型木綿袷衣裳 (ももいろじなみかいもりゅうすいもんようびんがたもめんあわせいしょう)

11-1.jpg

空色地貝藻梅紅葉松葉木目文様紅型木綿袷衣裳 (そらいろじかいもうめもみじまつばもくめもんようびんがたもめんあわせいしょう)

12-1.jpg

空色地梅紅葉松鳥菱繋文様紅型木綿袷衣裳 (そらいろじうめもみじまつとりひしつなぎもんようびんがたもめんあわせいしょう)

80-1.jpg

緑釉四方燭台 (りょくゆうしほうしょくだい)

01-1.jpg

玉冠(付簪) (ぎょくかん(つきかんざし))

  • メールで送る
開催中 常設展

【2022年度常設展示】王朝文化と都市(まち)の歴史

会期:2023-03-10(金) ~ 2023-04-24(月)

 常設展示では「王朝文化と都市(まち)の歴史」をテーマに士族の履歴を記録した家譜や、首里王府の行政文書、美術工芸品を通して、中世~現代の首里・那覇の歴史と文化を紹介しております。

 今回は、那覇市の指定文化財「高宮城村地籍図」をご紹介します。1879年の琉球処分により沖縄県が設置されたことに伴い、明治政府は地租を課税するため1899年に沖縄県に土地整理法が制定されました。その法律に基づいて土地測量・地価査定・所有者の確定などが実施され1901年に終了しました。その整理事業の過程で高宮城村地籍図は作成されたと考えられます。

 また、老朽化のため仮市場で営業を続けていた牧志公設市場が、3月19日に新市場としてオープンします。それを記念して、牧志公設市場関係の資料をご紹介します。1950年に完成した牧志第一公設市場から、第二公設市場へ移転する際の反対運動署名簿や、市場関係の行政文書、写真などを展示しています。

 その他、常設展示では琉球貿易図屏風や、近世の士(サムレー)についての文書や家譜や衣裳、琉球処分から沖縄県の始まりに関する資料、沖縄戦から那覇の復興に関する資料などを展示しています。また、オリオンビールの創設者具志堅宗精に関する資料など、盛りだくさんです。

 この機会にぜひお越しください。