展示案内

開催中の展示会

  • メールで送る
大きい画像で見る

御絵図~琉球の織物デザイン~

開催中 企画展

御絵図~琉球の織物デザイン~

会期:2018-01-06(土) ~ 2018-03-12(月)

 「御絵図(みえず)」とは、琉球王国時代に描かれた絣織物の絵図(デザイン画)のことです。織り上がりと同じになるように模様が和紙に描かれ、デザイン画としても非常に美しいものになっています。王族が使用する織物を久米島や宮古、八重山に発注する際にこの絵図が使用されたといわれ、王国時代の織物デザインを伝える貴重な資料です。
 那覇市歴史博物館には、尚家から寄贈された「御絵図帳」7冊が所蔵されており、大小様々な御絵図366点が貼り付けられています。平成28年度に全7冊の修理が完了し、美しくよみがえった御絵図帳とともに、琉球の織物デザインについて紹介します。

ギャラリー文化講座> ■1月13日(土)14:00~16:00
「沖縄県立博物館・美術館所蔵の御絵図について」
講師:與那嶺 一子 (沖縄県立博物館・美術館学芸員)
  
■2月10日(土)14:00~16:00
「現存する最古の琉球絣織物・徳川綱誠所用縞麻羽織について」
講師:柳 悦州 (沖縄県立芸術大学附属研究所教授)

■2月24日(土)14:00~16:00
「那覇の絣織物・小禄クンジーと御絵図の関係について」
講師:新田 摂子 (沖縄県立芸術大学附属研究所共同研究員)

※観覧料(350円)が必要です。予約不要。
学芸員による展示解説会> 1月27日(土)14:00~14:45
3月10日(土)14:00~14:45
 
担当:山田 葉子(当館学芸員)
   
※観覧料(350円)が必要です。予約不要。
  • メールで送る
大きい画像で見る

松竹梅の紅型衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/王国の漆工芸技術~沈金・堆錦の漆器~

開催中 特別展

松竹梅の紅型衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/王国の漆工芸技術~沈金・堆錦の漆器~

会期:2018-02-02(金) ~ 2018-02-28(水)

今月は、尚家資料と福地家資料から松竹梅の紅型資料を紹介します。

また、調度品は伊江家と首里那覇鳥瞰図屏風、漆器は大里資料の「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」を紹介いたします。

「首里那覇鳥瞰図屏風」は、首里から那覇の風景を描いています。このような上空から見下ろす形で描いた絵を、空を飛ぶ鳥の目線から描いた図という意味で「鳥瞰図(ちょうかんず)」と呼びます。
 よく見ると、右上の首里城本殿には鶴が描かれた簾(すだれ)がかけられています。これは王国時代の首里城の正月飾りで、正月の様子を描いた風景という事が分かります。
 「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」は、片面が芭蕉、片面が万年青の文様で、芭蕉の面の上空に鳥が飛び雲が流れ、画面に奥行きを与えています。

王国時代の精緻な紅型衣裳、絵画、漆工芸をお楽しみください。

主な展示品

36-1.jpg

黄色地鶴松竹梅紅葉文様紅型平絹袷衣裳(胴衣) (きいろじしょうちくばいもみじもんようびんがたひらぎぬあわせいしょう(ドゥジン))

161-1.jpg

首里那覇鳥瞰図 (しゅり なは ちょうかんず びょうぶ)

80-1.jpg

緑釉四方燭台 (りょくゆうしほうしょくだい)

 ※Apple社製品をご利用の方は、以下のリンクをご利用ください。

黄色地鶴松竹梅紅葉文様紅型平絹袷衣裳(胴衣)

首里那覇鳥瞰図

緑釉四方燭台