展示案内

開催中の展示会

  • メールで送る
大きい画像で見る

近代沖縄の染織~貢納布から特産品へ~

開催中 企画展

近代沖縄の染織~貢納布から特産品へ~

会期:2022-10-28(金) ~ 2022-12-26(月)

 王国時代に長い時間をかけて発達し、技術が確立した琉球の染織は、近代になると沖縄県の特産品として位置づけられ、近代化・産業化がすすめられました。

 家内工業だった織物作りは工場での集約産業へと変化し、それに伴い織機は地機からより生産性の高い高機へ置き換わっていき、さらに手織りから機械織りへと移行していきました。

 県外への移出向けに作られる織物は、他県の産地で好まれている図柄が取り入れられ、それが、次第に沖縄の人々の着る衣裳にも使われるようになりました。

 また、工業化による大量生産により、安価な布地が簡単に手に入るようになると、人々の衣裳の素材は家庭内で造られた手織りの布から市場で購入したものになっていき、衣裳の形も変化しました。

 一方で、生産量の増加とともに機織りの粗製乱造が問題となったことから、県は工業指導所を設置して品質保持と
生産体制の指導にあたり、新しい製造法の研究と普及に努めました。

 さらに、県内各地には、織物の作り手の要請のための実業学校が設置されました。教育の場では風俗改良運動が起き、女学生たちの服装は伝統的な琉球の衣裳から和服、さらには洋服へと変わっていくことになりました。

 世界的な不況で織物販売が不振になると、県は観光振興に乗り出し、その中で染織は沖縄を象徴的にあらわすものとなっていきました。

 一方では、産業化の波に乗れなかった紅型は衰退の道をたどりましたが、美術品として県外の収集家や画家の注目を集めるようになりました。

 これらの明治期から戦前期までの間に沖縄の染織に起きた変化を、産業、教育、観光の3つのテーマを軸に、大正から昭和初期に製作された染織品、戦前の工芸学校や工業指導所の記録や観光案内パンフレットなどの資料をもとにひも解いていきます。

  • メールで送る
大きい画像で見る

王国時代の冬衣裳/琉球漆器の様々な技法~沈金、箔絵、堆錦、螺鈿

開催中 特別展

王国時代の冬衣裳/琉球漆器の様々な技法~沈金、箔絵、堆錦、螺鈿

会期:2022-11-25(金) ~ 2022-12-26(月)

 特別展示室では、毎月「国宝 琉球国王尚家関係資料」の美術工芸資料および文書資料をとおして、琉球国王尚家の歴史と王国時代の遺物をご紹介しています。


 12月の美術工芸資料は、染織資料から『王国時代の冬衣装』をご紹介します。
 気候が温暖な琉球でも、冬になると絹や木綿で出来た防寒着を着用しました。木綿は苧麻や芭蕉よりふっくらとして暖かいため、冬物として利用されていました。木綿は貴重な繊維だったため、身につけられたのは主に士族層で、庶民にとっては贅沢品でした。上級士族は、さらに裏地を付けて袷衣裳にし、防寒性を高めました。
 また、内側に中国式の丈が短い絹製の袷衣裳「馬掛子(唐ビーター)」を重ね着することもありました。

 調度品は先月に引き続き、『琉球漆器の様々な技法~沈金、箔絵、堆錦、螺鈿~』をご紹介します。琉球王国時代、漆器は中国や日本への威信を示す献上品であり、王国の経済基盤を支える重要な工芸品でした。王府は貝摺奉行所を設置して生産管理を行い、その高度な品質を維持しました。
 琉球での漆器製作は15世紀頃から始まり、当初中国の影響を強く受けて螺鈿・箔絵・沈金技法が発達し、朱漆に精緻な模様を隙間なく埋め尽くした器物が作られました。

 文書資料も先月に引き続き『伊江御殿家資料』をご紹介します。
 伊江御殿家は摂政や行政機関の長など、高官を歴任しました。その伊江御殿家に代々受け継がれてきた伝世品は当時の上流身分の生活の一端を垣間見ることが出来る貴重な資料群であり、2002年には沖縄県有形文化財に指定されました。その後2019年には県指定を受けた一部が国の重要文化財を受けました。
 文書・記録類は家譜、職歴関係録や生子証文(出生届)、言上写等がありますが、今回提示している首里之詔は、重要な役職や地頭地(所領)を与える最も格の高い文書です。
 その他、伊江朝直(尚健)に関係する資料をご紹介します。

主な展示品

46-1.jpg

空色地唐草文様紅型木綿袷衣裳 (そらいろじからくさもんようびんがたもめんあわせいしょう)

54-1.jpg

空色地格子二の字文様絣絹木綿袷衣裳 (そらいろじこうしにのじもんようかすりきぬもめんあわせいしょう)