展示案内

展示会詳細

  • メールで送る
大きい画像で見る

【2020年度常設展】トピック展示:戦後の那覇 1950~60年代の写真展

開催中 常設展

【2020年度常設展】トピック展示:戦後の那覇 1950~60年代の写真展

会期:2020-09-08(火) ~ 2020-10-26(月)

 今回は、常設展の一部を使用したトピック展示として「戦後の那覇」を取り上げます。
 那覇の戦後復興は1945年11月10日に市民の生活用品製作のために壺屋に先遣隊が入市したことに始まります。1952年には国際通りの拡張工事が行われるなど、一帯が整備されると壺屋周辺は都市化し、商業の中心地となりました。
 今回の常設展では、徐々に建物や道路が作られていく様子や、国際通りを中心とした壺屋・牧志周辺の賑わい、交通機関の変化、唯一の娯楽であった映画など、様々な戦後の那覇を資料や写真で紹介します。
 学校・教育についても、校舎建設に関する資料や、ガリ版教科書、学校日誌などを展示し、戦後の学校教育の復活について紹介します。
  この機会に戦後の何もない時代から復興していった、たくましい那覇の人々の暮らしをぜひご覧ください。