展示案内

展示会詳細

  • メールで送る
大きい画像で見る

戦地からの便り 伊藤半次の絵手紙と沖縄戦

開催終了 企画展

戦地からの便り 伊藤半次の絵手紙と沖縄戦

会期:2017-04-28(金) ~ 2017-06-27(火)

日中戦争勃発後、満州で戦った伊藤半次は、その絵心から福岡の家族に約400通もの絵はがきを送りました。1944年沖縄に転出した部隊とともに伊藤は沖縄で戦い、戦死しました。

本企画展では、伊藤の絵はがきと沖縄戦について紹介します。

主な展示品

02005949.jpg

沖縄戦直前・戦時体制下/垣花女子警防団 我如古平松へ行進

詳しく見る
02001776.jpg

女子師範学校生の防空壕作り

詳しく見る
02000400.jpg

三国同盟締結奉祝の波之上宮参拝行列

詳しく見る
02005994.jpg

沖縄戦上陸・戦闘/艦砲射撃の雨(慶良間上陸 1945年3月26日)

詳しく見る
02000408.jpg

第32軍司令官/牛島満中将/1887~1945

詳しく見る
02000409.jpg

第32軍参謀長/長勇中将/1896~1945

詳しく見る

 ※Apple社製品をご利用の方は、以下のリンクをご利用ください。

沖縄戦直前・戦時体制下/垣花女子警防団 我如古平松へ行進

女子師範学校生の防空壕作り

三国同盟締結奉祝の波之上宮参拝行列

沖縄戦上陸・戦闘/艦砲射撃の雨(慶良間上陸 1945年3月26日)

第32軍司令官/牛島満中将/1887~1945

第32軍参謀長/長勇中将/1896~1945

 35★異国の子供の握手 のコピーコピー ~ 9 お母ちゃんこの慰問袋に入ったらコピー ~ 36 恩賜のタバコ拝受コピー ~ 72 歩兵銃もって見回り
 絵手紙の一部

 72年前の沖縄戦で、福岡県出身の陸軍兵士、伊藤半次は32歳の若さで戦死しました。
 伊藤は、1913年生まれ。19歳の時、中洲にあった老舗提灯店「伊藤商店」の長女禮子と結婚しました。提灯職人として腕を磨くため、日本画の先生に師事しましたが、1940年27歳で召集され、福岡県小倉の野戦重砲隊に入隊、翌年、関東軍の一隊として満州に移動しました。
 伊藤は、満州移動後、家族に宛てて400通もの便りを送りました。便りは、軍隊生活を描いたもの、家族を想って描いたものなど、日本画の修業を生かした色彩のある絵や文章で、心温まるものばかりです。
 その伊藤が所属する部隊は、1944年10月下旬に、満州から沖縄に配備されました。沖縄守備隊第32軍直属の野戦重砲兵第23連隊、通称「球3109隊」です。この部隊は、首里の北方前線及び南部で米軍と対峙しましたが、沖縄戦でほぼ全滅しました。部隊が沖縄に配備された後、伊藤の家族の元に届けられた便りは、わずか3通でした。
 沖縄から送られた3通はどのような便りだったのか、なぜ、3通だったのか。今回の企画展では、福岡の家族の元に届けられた伊藤の便りを展示するとともに、伊藤の部隊を中心に72年前の沖縄戦の様子を紹介します。
 この機会に、伊藤の便りを通して、家族を想いやる気持ちを実感していただきたいとともに、家族を想いながらも、その想いをかなえることができなかった戦争という状況を、改めて考えていただければ、幸いです。

伊藤半次とは 

写真13 半次軍服証明写真 - コピー
伊藤半次の肖像

 伊藤半次は、1913年生まれ。
19歳の時、中洲にあった老舗提灯店「伊藤商店」の長女禮子と結婚し、提灯職人として腕を磨くため、
日本画家の先生に師事し、絵を学びました。しかし、1940年27歳で召集され、福岡県小倉の野戦重
砲隊に入隊、翌年、関東軍の一隊として満州に移動しました。
 伊藤は、満州移動後、沖縄に転戦するまでの約3年の間に家族に宛てて400通もの便りを送りました。
便りは、軍隊生活を描いたもの、家族を想って描いたものなど、日本画の修業を生かした色彩のある絵
や文章でした。