展示案内

展示会一覧

全215件 | 4/22ページ目を表示
展示会で絞り込む   年で絞り込む
開催終了 特別展 会期:2020-07-03 (金) 〜 2020-07-29 (水)

水色地の紅型衣裳/琉球漆器の様々な技法

 尚家資料と福地家資料の染織品から、涼やかな水色地の紅型衣裳をご紹介します。また「琉球漆器の様々な技法」と題して、尚家資料や伊江家資料他の王国時代の琉球漆器から堆錦(ついきん)、螺鈿(らでん)、沈金(ちんきん)、箔絵(はくえ)の技法をご紹介します。
 文書資料は6月に引き続き、尚家関係資料から尚育王(しょういくおう)の元服・即位・冊封(さくほう)に関する文書6点をご紹介します。

 ※当初予定していた内容を一部変更しております。
 ※今後状況により日程等に変更が生じる場合があります。


開催終了 常設展 会期:2020-06-01 (月) 〜 2020-08-24 (月)

【2020年度常設展】トピック展示:戦後75年 沖縄戦

常設展は「王朝文化と都市(まち)の歴史」をテーマに那覇の発展をイメージした展示をご紹介します。
また、トピック展示は「戦後75年 沖縄戦」をご紹介します。


開催終了 特別展 会期:2020-06-01 (月) 〜 2020-07-01 (水)

縞と絣の夏衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風 螺鈿の漆器

 特別展示室では、毎月「国宝 琉球国王尚家関係資料」の美術工芸資料および文書資料とともに、王国時代の美術工芸品をご紹介しています。
 6月は尚家資料と福地家資料の染織品から、色鮮やかな縞と絣の夏衣裳をご紹介します。また尚家資料から三彩の壺、伊江家資料から首里那覇の街並みを描いた屏風と、黒漆に螺鈿と沈金で牡丹と菊の文様が描かれた中央卓をご紹介します。
 文書資料は尚家関係資料から尚育王の元服・即位・冊封に関する文書6点をご紹介します。
 王国時代の精緻な工芸技術と、貴重な記録類をぜひご覧ください。


開催終了 特別展 会期:2020-02-28 (金) 〜 2020-03-25 (水)

花の文様の紅型衣裳

今月は、尚家資料から花の文様の紅型衣裳をご紹介します。


開催終了 特別展 会期:2020-01-31 (金) 〜 2020-02-26 (水)

朧型の紅型衣裳/上級士族の調度品~伊江家・神山家の漆器~

今月は、尚家資料から朧型の紅型衣裳をご紹介します。複雑で奥行きのある文様を、ぜひ間近でご覧ください。
調度品は、企画展「古文書に見る首里・那覇の士族社会」の関連展示として、「上級士族の調度品~伊江家・神山家の漆器~」をご紹介します。


開催終了 企画展 会期:2020-01-08 (水) 〜 2020-03-09 (月)

古文書に見る首里・那覇の士族社会

首里氏族である伊江家は、代々伊江島の総地頭として伊江按司を称し、伊江御殿とよばれていました。今回の企画展では沖縄県指定文化財である「伊江家資料」を中心に、歴史博物館が所蔵する「池原家」「比嘉家」「福地家」などの古文書資料を合わせ、琉球王国時代の首里・那覇の士族社会を紹介します。