展示案内

展示会詳細

  • メールで送る
大きい画像で見る
開催中 特別展

桜が描かれた紅型衣裳/三線

会期:2019-03-01(金) ~ 2019-03-27(水)

今月は、尚家資料から、桜が描かれた紅型衣裳を紹介します。

どの紅型も桜文様を取り入れていますが、その表現や色彩、ともに描かれている文様はそれぞれまったく異なります。華やかな春の季節にふさわしい色とりどりの桜をご覧ください。
また、それぞれの衣裳には、紅型の独特の技法を見ることができます。地色を染めずに文様にのみ色を付ける「白地型」、表と裏の両面の同じ位置に柄が配置されるように染める「両面染」、地色の上に文様を施す「朧型」など、琉球王国時代の紅型の巧みな技の数々を合わせてご覧いただくことができます。

主な展示品

26-1.jpg

白地松桜紅葉亀松皮菱繋文様紅型木綿衣裳 (しろじまつざくらこうようかめまつかわびしつなぎもんようびんがたもめんいしょう)

詳しく見る
32-1.jpg

白地霞枝垂桜燕文様紅型苧麻衣裳 (しろじかすみしだれざくらつばめもんようびんがたちょまいしょう)

詳しく見る
13-1.jpg

紫地桜紅葉蝶流水青海波文様紅型木綿袷衣裳 (むらさきじさくらもみじちょうりゅうすいせいがいはもんようびんがたもめんあわせいしょう)

詳しく見る
80-1.jpg

緑釉四方燭台 (りょくゆうしほうしょくだい)

詳しく見る