展示案内

展示会詳細

  • メールで送る
開催中 特別展

神猫図

会期:2017-11-03(金) ~ 2017-11-29(水)

今月は、那覇市歴史博物館所蔵横内家資料の中から「神猫図」をご紹介します。

「神猫図」山口宗季(呉師虔)筆/那覇市歴史博物館所蔵(横内家資料)
山口宗季(唐名:呉師虔 1672~1743)は、琉球絵画の第一人者で、王府内で美術工芸品の図案や製作を担当した貝摺奉行所を中心に活躍した絵師として知られています。中国に留学して福州(現在の福建省)で孫億(1638~没年不明)らに学び、淡い彩色を生かした花鳥画を得意としました。
本図は、夜の闇に浮かび上がる神猫が、毛先の一本一本までもが繊細な筆致で描かれ、その神性を存分に表現しています。